top of page
キッチン

​10

キッチンの種類に迷う方へ!選び方のポイントを詳しくご紹介

キッチンは種類が多く、選ぼうと思っても迷ってしまいますよね。

 

自分が理想とするキッチンがある人でも、調べているうちに、さらに魅力的なレイアウトのキッチンを知ることもあるかもしれません。

 

そこで、今回はキッチンの種類に迷っている人向けに、キッチンの選び方を詳しくご紹介します!

キッチンの間取りは居室とのつながり・壁面との接し方で選ぼう

キッチンの間取りは、「居室とのつながり」と「壁面との接し方」で以下の6つのタイプに絞れます。

【居室とのつながり方の種類】

  • オープンキッチン:リビングやダイニングからキッチンが見えるオープンな間取り

  • セミオープンキッチン:丸見えではなく、キッチンの一部が隠れている間取り

  • クローズドキッチン:リビング・ダイニングとは壁などで区切られている間取り

オープンキッチンはどの角度からも見えるデザインですが、セミオープンキッチンはカウンターや腰壁などの仕切りはありつつ一部は見えている中間のデザインです。

 

そのため、コミュニケーションは取りたいけど手元を隠したい、という場合におすすめです。

 

クローズドキッチンは他の部屋からは見えず、三方を壁に囲まれて入口が一か所にあるデザインなので、開放感はないですが匂いが気にならない、料理道具・調味料などの生活感、料理中の様子を見せなくて済むメリットはあります。

【壁面との接し方の種類】

  • 壁付け型:キッチン全体を壁面につけて設置する

  • ペニンシュラ型:キッチンの一部を壁面につけて設置する

  • アイランド型:キッチン機能を完全に壁から切り離して設置する

壁付け型はキッチンの中が見えやすかったり、食器棚や冷蔵庫はキッチンの横に置くことになるので動線が良くない場合がありますが、居室スペースを広く取れたり、視線を気にせず調理に集中できる利点があります。

 

ペニンシュラ型はキッチンのカウンターの左右どちらかが壁に接しているので、アイランドキッチンより設置スペースを選ばずに開放感も得られることがメリット。

 

アイランド型は何よりおしゃれかつ開放的で、作業スペースが広いことで複数人で作業しやすいメリットがあります。

 

ペニンシュラ型・アイランド型は共に匂いや汚れが飛びやすい点がありますが、高性能な換気設備やガラスパネルを設置すれば解決します。

 キッチンの選び方のポイントをさまざまな角度からチェック! 

・収納から考える

調理器具をたくさん持っているご家庭は多いので、「どこに」「なにを」収納すれば身体の負担が少ないのか、動線を考えることが大切です。

また、収納するものをインテリアとしてあえて「見せる」収納も良いです。

開放感があり、おしゃれさを演出できます。

・掃除のしやすさ

掃除のしやすさも、キッチンを考えるうえで大切です。

 例えば、油で汚れやすいコンロの周辺。

掃除のしやすさで考えるなら、ガスコンロよりもIHを採用したほうが良いでしょう。

また、ワークトップ(天板)やシンクの素材も掃除のしやすさを左右します。

ステンレス製のものや人工大理石はお手入れしやすいので人気です。

 他にも、レンジフードや収納内の掃除のしやすさも選ぶ際のポイントです。

・デザインの良さ

毎日キッチンに立つ人にとって、キッチンのデザインは調理のモチベーションアップにつながります。

例えば、普通のキッチンは継ぎ目や段差があることで隙間ができてしまいますが、システムキッチンはワークトップの天板でつながっていて継ぎ目がないのでフラットで見た目がきれいです。

また、シンクやコンロ、収納までが全て一体となった形で売られているので、統一感のあるデザインになることも魅力です。

あとは居室のインテリアや壁・床の色に合う色・素材を選ぶことも重要です。

・キッチンのサイズ

キッチンのサイズは「横幅」「奥行き」「ワークトップの高さ」を確認する必要があります。

キッチンの「横幅」は、シンク・コンロ・作業スペースを合わせた幅で考えます。

だいたい2,100〜2,550㎜が一般的です。

「奥行き」の一般的な長さは600㎜〜700㎜です。

 「ワークトップの高さ」は「身長÷2+5㎝」が適した高さです。

キッチンの選び方で失敗しないポイントは?

失敗しがちなポイント

・間取りの失敗

広いキッチンは憧れの対象ですが、キッチンに意識を集中するあまり居室に意識が向かず、リビング・ダイニングが狭くなってしまった、というケースも多く見られます。

理想とするレイアウトがあっても、リビングなどの居室とキッチンとのバランスをよく考えましょう。

・使い勝手が悪い

シンプルに「使い勝手が悪い」というケースもありえます。

こういった後悔は、キッチンを使うときの動線をよく考えなかった場合に起こりがちです。

冷蔵庫や電子レンジの配置場所、ワークトップの大きさなどは、あらかじめ動きやすさを熟考しておく必要があります。

・収納スペースに不満がある

収納スペースの問題は、キッチンの使い勝手に大きく影響を及ぼします。

収納容量の少なさや、収納の設置場所などに問題があると、キッチンを使う度にストレスが溜まってしまいます。

お伝えしたように今ある収納したいものや、これから収納したいものをリストアップし、広さや場所を決めると失敗が少ないです。

・コストダウンに専念しすぎた

キッチンは安い商品ではなく、むしろ高い買い物といえます。

しかし、できるだけ出費を抑えたいのはもっともですが、コストダウンに気持ちを割きすぎて安っぽいキッチンになってしまい、後悔しているという声もよく聞きます。

こだわりたい部分と抑えてもOKな部分の優先順位をつけておくこと、選んでいくと失敗が少ないでしょう。

また、たとえば光熱費も初期費用もかかるので食洗機はつけないと決めても、意外と食洗機で一気に洗ったほうが水道代が安かったり、将来家族が増えることを想定すると時短が必要だったりもします。

長い目で見てコストを考えることも大事です。

 キッチンは種類が豊富なので、選び方に気を付けよう! 

キッチンの間取りはリビングやダイニングなど居室とのつながりや、壁面との接し方で考えられます。

 

レイアウトはキッチンのスタイルを決めてから、調理をする人の動線に合った種類を選ぶようにしましょう。

 

キッチンレイアウトの選び方のポイントは、収納から考えたり、掃除のしやすさから順番に考えると、混乱せずに済みます。

 

選び方で失敗しないために、失敗しがちなポイントをあらかじめ知っておくほうが安心です。

 

キッチンに収めたい収納物の量や種類、キッチンに求める優先順位も考えておき、施工会社と相談しながらじっくり検討してくださいね。

bottom of page