top of page
バスルームトイレ

09

トイレリフォームでかかる費用は?全体の相場やケース別の金額もご紹介

 トイレリフォームの費用の相場、トイレの交換費用は? 

トイレリフォームの費用で差が出てくる例として、トイレの種類や便座の機能の差があります。

 

和式から洋式のトイレに変更することを含むリフォームの価格帯は、約15〜60万円。

 

洋式トイレにも種類があり、中でも組み合わせトイレが比較的安く、一体型トイレ、タンクレストイレ、システムトイレと、機能が充実していくと費用も高くなっていきます。

 

トイレの交換のみのリフォームであれば、本体費用と工事費用をあわせると、だいたい次のような金額になります。

 

  • 組み合わせトイレ:約4万円〜7万円

  • 一体型トイレ:約7万円〜18万円

  • タンクレストイレ:約12万円〜23万円

 

トイレの種類だけでもそれぞれ差が出てきますね。

 

また、トイレ交換とあわせて、壁や床を張り替えた場合は、壁・床それぞれ約3万円〜が目安。

 

コンセントの増設などの電気工事が追加されると約2万円。

トイレのドア交換など内装変更がある場合は約2万円〜を目安に考えておく必要があります。

 トイレリフォームの費用を抑える方法はある? 

優先順位を明確にする

今のトイレのどのような点が不便なのかを把握し、優先順位を意識することで、無駄な箇所にお金をかけずに済む場合もあります。

事前に、改善したい点やこだわりたい場所など、希望していることを明確にしておきましょう。

複数の会社で見積もりを出して比較する

リフォーム業者を決定する前に、複数の会社で見積もりを出してもらうのも一つの方法です。

会社によって見積もり金額が変わってくるので、より安いところに依頼をするなど、お客様の条件にあった会社を選ぶことができますよ。

便座のみの交換にする

便器本体に損傷などがなく、温水洗浄便座が付いたトイレに交換する場合は、便座のみ交換することで大幅に費用を抑えることができます。

補助金制度を利用する

条件によっては、要支援1〜2、要介護1〜5と認定された人で、バリアフリーリフォームとしてリフォーム(トイレの手すりの取り付け、段差の解消、滑りにくい床材への変更、開戸から引き戸絵の扉交換など)を行う場合、介護保険を使って上限20万円の補助金制度を利用することができます。

 トイレリフォームは納得できる費用で快適な空間にしよう 

トイレリフォームでかかる費用は、リフォームの内容によって異なりますが、約10万〜30万円という方が多いようです。

 

トイレの便器の機能や、その他のリフォームの充実度により変わってきます。

マンションと戸建では、設置環境によって選べるトイレの種類が異なるため、費用差が発生する場合があります。

 

トイレリフォームの費用の差は、トイレの種類や便座の機能にあります。

また、和式から洋式への取り替えや、壁や床の張り替え、コンセントの増設などによって大きく変わってきます。

 

トイレリフォームの費用を抑えるには、あらかじめ優先順位を明確にしておくこと、複数の会社で見積もりを出して比較すること、便座のみの交換にする、補助金制度を利用する方法があります。

 

毎日使うトイレなので、リフォームする際は、費用を抑えられるところで抑えながらも、より快適な空間にしたいですね。

bottom of page