top of page
レザーチェア

07

窓の断熱リフォームは大事!その重要性や方法、費用についてチェック

窓にも断熱リフォームが可能なことをご存知でしょうか?

 

窓は熱が流出入しやすい部分。

そのため、お住まいの家で冬の寒さや夏の暑さに悩んでいる場合は、窓の断熱リフォームを行うことで解決するかもしれません!

 

今回は、そんな窓の断熱リフォームについて。

断熱リフォームの効果や工事の種類、各費用や注意点などを詳しくご紹介します。

 窓の断熱リフォームはなぜ大事?そのメリットとは 

建物の内側と外側の熱の移動を遮断することを「断熱」と言います。

 

熱は主に窓から流出していきます。

そのため窓に断熱対策をしていないと、せっかく暖房や冷房で家を快適な温度にしても窓の外に逃げてしまうのです。

 

断熱リフォームで熱の負荷から建物を守ることで結露予防にもつながり、窓周辺や水回りのカビの発生などを防ぐことができます。

 

断熱リフォームを施すことで、他にもさまざまなメリットがあります。

実際にどう改善するかという点も一緒に見ていきましょう。

 窓の断熱リフォームのメリット 

メリット

・寒暖対策

冬は室内の暖気が家の外へ漏れることを防ぎ、夏は暑い外気が室内に侵入することを防ぐため、冬も夏も快適な温度で過ごすことができます。

・光熱費の節約

断熱リフォームによって、冬は室内の暖房によって暖められた空気が外へ逃げることを防ぎ、夏は室外の暑い空気が室内に侵入することを防ぎます。

そのため、冷暖房を使いすぎることがなくなり、光熱費の節約につながります。

・防音・防犯性

内窓や厚みのあるガラスに変えることで、室内の音が漏れにくくなり防音性が高まります。また、泥棒や空き巣が窓ガラスを割りにくくなることで窓からの侵入を防ぎ、防犯性も同時に向上します。

 窓の断熱リフォームで暑さと寒さを改善する方法 

メリット

・窓サッシの種類を変更する

窓サッシには主に、アルミと樹脂があります。

 

アルミは耐久性が高いものの断熱性が低いため、寒冷地ではあまり使用されないサッシです。

樹脂のサッシは熱伝導率がアルミに比べて1/1000と非常に低く、さらに気密性が高いため断熱効果が優れています。

 

窓サッシの断熱リフォーム方法は、既存のサッシを枠ごと外して、新しいサッシに交換します。

・窓ガラスの種類を変更する

窓の断熱性能を上げるためには、ガラスの種類が非常に重要です。

 

通常、窓には断熱効果は低い「単板ガラス」を採用することが多いです。

単板ガラスは一枚板のガラスですが、これを「複層ガラス(通称ペアガラス)」に変えることで断熱効果が高まります。

 

複層ガラスには「一般複層ガラス」と「Low-E複層ガラス」があります。

 

2枚のガラスと中空層からなる「一般複層ガラス」は、中空層の働きで熱がガラス面を通り抜ける量を少なくします。

そのため、室内側のガラス面が冷えにくくなり、ガラスの結露を抑える効果もあります。

 

窓ガラスの交換はサッシの種類によってはガラスだけの交換ができず、サッシごと交換になるケースもあるため、交換方法は事前に確認しましょう。

・内窓を取り付ける

既存の窓の室内側に、断熱効果の高い樹脂サッシなどの内窓を追加する方法。

寒冷地では当たり前となっている方法です。

 

窓が二重になるため2つの窓の間に空気層が生まれ、この空気層が熱を伝えにくくして断熱効果を高めます。

 

窓を二重にすると、断熱だけではなく防音や防犯対策にも有効ですよ。

 

内窓の取り付けは、既存の窓の内側に窓を設置するため、施工が簡単に済むという特徴もあります。

 窓の断熱リフォームの費用目安は?補助金・助成金もチェック 

・窓の断熱リフォームの費用目安

  • サッシ枠の交換の場合:約5万円

  • 窓周りの壁も施工する場合:約25〜60万円

・内窓の後付け(二重窓)

  • 約5〜15万円(腰高窓は約4〜6万円、小窓は約3万円~約5万円)

・窓を丸ごと交換

約10〜50万円

 

高断熱のガラスなど機能性をアップさせると、価格はさらに上がります。

 

断熱リフォームを検討する際に気になるのが費用面ですが、窓や断熱材などを用いて行う工事には、お得にリフォームを行うことができる補助金制度や減税措置などがあります。

 窓の断熱リフォームを行うデメリットや注意点もある? 

窓の断熱リフォームは、工事内容によっては高額な費用が発生するため、注意点を知ったうえで施工することが大切です。

 

結露対策や防音性を高めたい場合は、それに合わせた工法や窓ガラスの種類を選ぶ必要があります。

また、サイズによっても費用が異なるため、事前に確認しましょう。

 

断熱リフォームにおいては、業者選びも非常に重要です。

断熱リフォーム工事の実績や提案力をはじめ、作業工程や安全対策、品質など施工管理がしっかりとしている業者を選びましょう。

 

費用や工事の方法も、業者によって大きく異なります。

複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することもおすすめ致します。

bottom of page